伊予小松藩会所日記 - 増川宏一

伊予小松藩会所日記 増川宏一

Add: imegov85 - Date: 2020-12-05 16:24:08 - Views: 7288 - Clicks: 4084

伊予小松藩会所日記 - 増川宏一 Amazonで増川 宏一, 北村 六合光の小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む (角川ソフィア文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。. 筆者の増川宏一は1930年生まれ。在野の歴史研究家で賭博、将棋、囲碁など、遊戯史についての著書が多い。 年に角川ソフィア文庫より、文庫版が登場している。良書なので、文庫化は喜ばしい限り。 小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む. 文庫「小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む」増川 宏一のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。. 小さな藩の奇跡 : 伊予小松藩会所日記を読む. 伊予小松藩会所日記:増川宏一,北村六合光を「メルカリ」で取引しよう、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマ. 伊予小松藩会所日記 (集英社新書)/増川 宏一/北村 六合光(新書・選書・ブックレット:集英社新書) - 〔「小さな藩の奇跡」(角川ソフィア文庫 年刊)に改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】.

Amazonで増川 宏一, 北村 六合光の小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む (角川ソフィア文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。. 「角川ソフィア文庫」の電子書籍はソニー【Reader Store】。国内最大級の品揃え!無料本も多数! 『伊予小松藩会所日記』 増川宏一/著(原典解読・北村六合光) 集英社新書 年 isbn『大名の日本地図』 中嶋繁雄/著 文春新書 年 isbn『江戸三〇〇藩 バカ殿と名君 うちの殿さまは偉かった?. 9 角川文庫 19987.

小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む 著者 著者:増川 宏一,原典解読:北村 六合光. 00 (0件) 商品詳細. 「角川ソフィア文庫」の電子書籍はソニー【Reader Store】。国内最大級の品揃え!無料本も多数!.

・ 幕末期の小松藩の公用馬は1頭だけだったので、もう1頭買った。5両2分だったとか。 【参考資料】 ・ 小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む 増川宏一・北村六合光 角川ソフィア文庫 # 在所は周布郡小松陣屋。外様・小藩、1万石。. 小松藩(こまつはん)は、伊予国 東部に所在した藩。藩庁は周布郡新屋敷村(現・愛媛県 西条市 小松町)の小松陣屋に置かれた。 石高1万石の小藩で、江戸時代初期の1636年から廃藩置県まで、外様大名の一柳氏が9代約230年にわたって治めた。. 増川宏一 伊予小松藩会所日記 集英社新書 : 増川宏一 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 送料無料【中古】小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む (角川ソフィア文庫) Paperback Bunko 増川 宏一 and 北村 六合光 0. 増川 宏一 | 年09月24日頃発売 | 城もなく武士はわずか数十人。人口一万人余りの伊予小松藩には、江戸時代で唯一、150年以上も書き継がれた日記がある。互いに顔の見える小藩だからこそ、代々の幹部たちは私利を計らず誠実に藩政に取り組んできた。不作の兆しを把握し、大飢饉には一人の.

北村 六合光,増川 宏一『伊予小松藩会所日記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約12件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 江戸時代の小さな小さな藩の150年に渡る業務日誌。 その中の面白そうなところを抜粋して解説してくれている本です。 150年の記録が残っているというのは珍しいらしいです。. 四国に伊予小松藩(現・愛媛県小松町)というたった一万石の小藩があった。この藩で、一五〇年以上にもわたって書き継がれてきた『会所日記』が、小松町に残されている。財政破綻、武士の内職、不倫、駆け落ち、賭博、刃傷沙汰、酔っぱらいの喧嘩や訴訟事など、リストラや不景気に苦吟. 伊予小松藩会所日記 - 増川宏一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

『伊予小松藩会所日記』 増川宏一 北村六合光 著. 今回、伊予小松を訪ねる旅の前に、 『小さな藩の奇跡 -伊予小松藩会所日記を読む-』 (増川宏一著・北村六合光原典解読、角川ソフィア文庫) という、昨年9月に出版された本を読んでいた。 江戸時代後期の伊予小松藩について、. 初版 大橋乙羽 樋口一葉を世に出した男 安藤貞之 カバー・帯 百年書房 年 人名索引付 2200円 尾崎紅葉 博文館 森鴎外. 増川 宏一(ますかわ こういち、1930年(昭和5年) - )は、日本の遊戯研究家。 遊戯史学会会長、大英博物館リーディングルーム登録者、国際チェス史研究グループ会員、チェス史研究支援財団名誉会員、元将棋博物館顧問(現在は閉館)。. 伊予小松藩会所日記 増川宏一 。集英社新書。年。 「原典解読:北村六合光(くにてる)」とクレジットされている。著者の増川氏は高校卒業後、将棋など盤上遊戯史の研究に没頭されてきた方である。.

伊予小松藩は、寛永9年(1632年) 豊臣秀吉 (とよとみひでよし) に仕えた後、関ケ原で東軍について大阪城攻めにも参加した 一柳直盛 (ひとつやなぎなおもり) が 伊予西条 (いよさいじょう) に6万8600石を与えられたのが始まりです。転封を命じられた直盛です. 文庫「小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む」増川 宏一のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。城もなく武士は僅か数十人。人口1万人余りの伊予小松藩には、150年以上も続いた日記がある。領民の命が優先された善政が綴られている。. 増川宏一 / 北村六合光 伊予国小松藩、一万石。 藩士は足軽含めて100名ほど、領民合わせて一万人ほどの小さな国の家老が政務を取った会所で付けていた日々の記録「会所日記」本書はその会所日記を元にした江戸中期から幕末までの物語です。. 舞台は、愛媛県の小松町。藩の人口は1万人。武士はわずか数十人しかいない、ごくごく小さな伊予小松藩の公用日誌です。 小松藩の家臣のうち武士は60人、足軽は40人。士分として扱われたのは幕末時に 130人。.

増川宏一著 ; 北村六合光原典解読. 伊予小松藩会所日記 国道11号線は四国の北側を走る幹線道路である。燧灘沿岸から松山に至るには桜三里で有名な山越えになる。旧街道-今の196号線-は、海岸に沿い今治経由で瀬戸内海に突き出た半島を回っていた。. 【無料試し読みあり】小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む(増川宏一):角川ソフィア文庫)城もなく武士はわずか数十人。人口一万人余りの伊予小松藩には、江戸時代で唯一、150年以上も書き継がれた日記がある。互いに顔の見える小藩だからこそ、代々の幹部たちは私利を計らず誠実. 集英社新書刊、増川宏一著『伊予小松藩会所日記』「第二部 領民の暮らし」「二、不倫と情死」には“当時、罪人の死骸はあいかり山へ捨てるきまりになっていた”という件がある。. 『伊予小松藩会所日記』北村六合光原典解読 集英社新書 のち『小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む』として角川ソフィア文庫() 『将軍家「将棋指南役」 将棋宗家十二代の「大橋家文書」を読む』洋泉社、新書y、年、isbn. 城もなく武士はわずか数十人。人口一万人ほどの伊予小松藩には、江戸時代で唯一、150年以上も書き継がれた日記がある。互いに顔の見える小藩だからこそ、代々の幹部たちは誠実に藩政に取り組んできた。不作の兆しを把握し、大飢饉には一人の餓死者も出さなかった。領民の命を守ることが.

小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む 角川ソフィア文庫 - 増川宏一のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 小松藩 政治 家老と家臣団家老は1人で、喜多川家が代々継いだ。家禄は藩内で最大の400石であった9。家老に次いで奉行職が置かれ、藩政は家老と数人の奉行の合議制によって運営されていた。.

伊予小松藩会所日記 - 増川宏一

email: odidi@gmail.com - phone:(747) 451-8557 x 3872

あこがれのオートクチュール刺繍 - 朝日新聞出版 - 小柴昌俊 心に夢のタマゴを持とう

-> ビジネスロードテスト - ジョン・W. ムリンズ
-> 浮気の代償 - 富島健夫

伊予小松藩会所日記 - 増川宏一 - ハンガリー革命史研究 羽場久み子


Sitemap 1

信西古楽図 - 正宗敦夫 - この星に生まれたいの